コラム~女性と交際する際のベストスタンスとは?常に別の男の存在を意識する

男性であれば、女性とスムーズに交際したいと思うのは当然のこと。しかし、ほとんどの男性は自分のペースで交際することに難儀することでしょう。

恋愛中の女性

気の強い女性も多いしね。

一般的に女性との交際をマイペースに進められる人というのは、自分自身にマッチした交際スタンスを維持していることが特徴だと言えます。言ってみれば、戦略的に交際することも必要になってくるということです。

彼女募集中の男性

僕にはあまりにもレベルが高すぎるな。

そんな中で、今回は女性との交際をどのようなスタンスで進めるべきかという視点を考慮するとともに、特にベストなスタンスについてご紹介していきます。

目次

女性と交際する際のベストな5つの「ない」スタンス

女性と交際する場合、積極的に進めるべきやり方は多くありますが、今回はむしろ「すべきでない」スタンスを挙げていきたいと思います。なぜなら、男性にとって、「すべきでない」スタンスを取るのはかなり困難なことだからです。

多くの男性はポジティブな方法は多く認識して実践しているものの、なぜか女性との交際がスムーズにいかないというのは、「すべきでない」スタンスを理解していないからであり、ここでは5つの代表的な「ない」スタンスを見ていきましょう。

特定女性にこだわらない

まず、交際したい女性を探す男性の多くが勘違いしているのは、1人の好きな女性を最初から見つけようとすること。

実際、非常にモテる人であっても、このようなやり方で進めることはまずあり得ません。なぜなら、理想の女性を見つけるというのは非常に難しいからです。

恋愛中の女性

それは女性も同じことだけどね。

そのため、結果的にモテると判断できる人のほとんどは、非常に積極的に多くの女性とコンタクトを取り、同時に関係構築していくように努めます。いわゆる「数撃ちゃ当たる」ではありませんが、選択肢を広げるという意味では決して間違っていないでしょう。

モテる人は良い相手がいても、他の女性と連絡を絶つということはありません。なぜなら、その相手と結婚しているわけでもなく、お互いに将来への認識を共有しているわけでもないからです。

彼女募集中の男性

いろんな女性と関係構築できれば自信にもなるね。

男女の縁というのは不思議なものでそれまでの長い一般的な友達関係が信じられないほどのロマンチックな関係に変化することも多いでしょう。

これにより、特定の女性に対して、焦って運命だと決めてしまうことはせず、マイペースに女性をじっくりと観察していくことが求められます。

女性に好きとは言わない

日本人の多くの男性が、意中の女性につい言ってしまうのが「好き」という一言。告白そのものはロマンチックな行為であり、決して悪いことではありません。

しかし、日本人男性が女性に好きと言う告白行為には、男女ともに儀式的な側面で捉えている以外に、告白をしなければ交際が始められないような強迫観念に近いモノが存在するとさえ言われます。

恋愛中の女性

言われてみればそうかも。

つまり、男女交際というのは、お互いに触れ合う中でその意思が自然と確認できれば良いわけで、本来は好きと言わなくても始められるのが理想的なのです。

モテる男性の多くは、「好き」というフレーズをあえて女性に言わない人も多いのは、それは女性から最終的に好きと言われることをあえて待っているということも大きな理由でしょう。

彼女募集中の男性

これは意外だったな。

なぜなら、女性から好きと言われた場合、男性がその時点で女性に好意を持っていれば「好き」と後付けでも回答できますし、これ以降はよりお互いの絆が固くなっていくからです。そのため、単なる口実づくりのような「好き」は、たとえ女性を好きであっても絶対に言ってはいけません。

強引に女性に合わせない

男女関係はお互いの価値観が合っているからこそスムーズにいくものですが、近年は男性が女性に合わせるという傾向が非常に目立つような感じもします。

しかし、実際のところ、男性が完全に自分を押し殺すことで、女性の行動にに合わせることは決しておすすめできません。

恋愛中の女性

便利屋にされちゃうかもね。

そもそも、男性にとにかく合わせてもらいたい女性は、対等な関係を望んでいないことを知るべき。このような状況が続けば、男性が本来の自分自身を失ってしまうだけでなく、そのことにストレスや不安を感じて堪えられなくなってしまうこともあります。

まず、女性は男性がすべて自分に合わせくれることを一旦認識してしまうと、その有利性を失うことを極端に拒否する可能性が高くなります。そのため、最初の態度が非常に肝心となるでしょう。

男性にとっては、優しさの一環で一時的に譲歩したつもりでいるかもしれませんが、長期的な交際においては大きな足かせになるのです。

彼女募集中の男性

惚れた弱みって怖いな。

そのため、お互いが価値観を無理に押し付け合わないことを避けるためにも、ダメなモノはダメと遠慮なく主張するなどして、関係性のミスマッチを徹底防止してください。

デート代を無理に払わない

そして、デート代も同じことが言えます。デート代は社会の中で、男性が払うものであると、暗黙の了解にされている節もありますが、男のメンツだけで払い続けていると関係の悪化が意外に早く訪れます。

女性との良好な関係を継続させるには、自分の状況や価値観を正直に相手に伝えることが重要であることから、例えば今日はお金がない」などの最低限の意思表示は遠慮なくするべきです。

恋愛中の女性

ハッキリ言えないと長くは交際できないかも。

もし、相手の女性が、支払いのことで怒ったり、不満を述べたりするようなことがあれば、価値観が異なると判断することにし、躊躇せずに最初から縁がなかったのだと思うようにしてください。

初めてのデートであればまだしも、常に男性に支払いをさせるような女性は、男性がよほど好意を寄せていない限りは、基本的に一緒に過ごしても男性側にストレスが蓄積していくことも多いのです。そのため、女性の本性はここで判断するようにしましょう。

彼女募集中の男性

ストレスを感じるようではダメなんだね。

先述のように、特定女性にこだわらずに複数の女性と同時進行していれば、このような状況にはなりにくいことから、結局のところ、1人の女性にハマるのは危険であることがわかります。

絶対に怒鳴ることはしない

最後に、女性との長く交際していく中で、どのような状況でも避けるべきなのは怒りに任せて怒鳴ってしまうこと。

近年の男女関係において、男性がたった一回怒鳴っただけで一気に女性の心が離れて別れてしまったというケースは数多いのです。

恋愛中の女性

怒鳴ったら負けかもね。

どんなに良好な関係を維持しようと心がけていても、意見が合わないこともあれば、喧嘩に至ることもあるでしょう。しかし、それでも絶対にやってはいけないのが声を荒げて怒鳴るような行為。

最も怖いのは、どんなに良好な男女関係を構築していたとしても、男性が思いのほか怒鳴ったことで恐喝と認識されてしまい、女性側が警察に通報してしまうケースかもしれません。

彼女募集中の男性

これって全国ニュースにもなることもあるよ。

そのため、男女の関係ではどうしても男性が悪者にされる傾向が多い中で、この部分は男性にとって大きな試練とも言えます。

常に別の男性の存在を認識すべき理由

さて、男性が女性と交際をする場合、決して忘れてはいけないことが、女性に対して常に別の男性の存在を意識するということです。これは、日本だけでなく、海外でも同じことが言えます。しかし、日本人男性は、この認識が著しく欠如しているかもしれません。

好事魔多し

女性は一般的に、男性と比較しても異性関係が桁違いに構築しやすいことから、若ければ若いほど男性から常にアプローチを受け続ける傾向にあります。

恋愛中の女性

でも若い時だけだよ。

男性の女性に対する好みは、不思議なことに被ることが多く、つまり、自分が好みのターゲットとする女性は、必ず別の男性からも同じようにターゲットにされることが一般的なのです。

特に、海外男性は女性に対してアプローチに積極的であることから、この点は日本人男性以上にわかりやすいでしょう。

そのため、タイミングよく巡り合った女性が自分好みの女性であったとしても、その女性は大抵、多くの男性から好意を寄せられていることから、関係を深めていくプロセスでは他の男性の存在を意識することが必須となるわけです。

彼女募集中の男性

これは納得。

この意識があるのとないのとでは、女性に対する心構えにも大きく差が付くだけでなく、結果的な交際成功率にも影響してくることになります。

女性は気まぐれ

また、女性に対し、別の男性の存在を意識すべき別の視点として、女性自身の考えが1日でコロコロ変わる可能性もあるということ。つまり、女性は本能的に気まぐれな動物であるということを日常的に考えなければなりません。

恋愛中の女性

私もそうだね。

女性は感情的な生き物ですので直感を優先し、自分にベストであると思えば、ついさっきまでベストなモノがあっても、全く別のモノがベストな存在へとアップデートされることもあります。

この女性の特性を理解していない男性は、毎回ことあるごとに女性不振になることや、結果的に女性が苦手になってしまう方もいるほどです。

彼女募集中の男性

今の僕みたいだよ!

しかし、女性は元々気まぐれだということをよく理解しておけば、男性のほうも最初から女性の選択肢を多く持つという心構えができ、交際も臨機応変に進められるようになるでしょう。

最終的に女性の誰かに選ばれれば良い

そして、男性が女性と交際にもう1つ重要なスタンスが、結果的に好きな女性の誰かに選ばれれば良いという意識。

これは、女性の側からすれば聞こえが悪く思われるかもしれませんが、男性が自分らしく、そしてスムーズに女性を交際しようとするならば絶対に持つべき視点なのです。

恋愛中の女性

振られてもクヨクヨしないことね。

女性は、よい男性に選ばれることを基本的に待っている状態。特に、若いころは実際にモテる方がほとんどであることから、なおさらこのようなスタンスで男女交際を進める傾向にあります。

それであれば、男性側も女性から選ばれるようにしっかりと自分を磨くことはもちろん、多くの女性にアプローチすることを忘れないようにしなければなりません。

彼女募集中の男性

逆に楽しむくらいでないといけないかも。

モテる男性の多くは、たとえ1人の女性との交際の失敗を引きずることはありません。それは、心の中に、またいい女性に出会って選ばれればよいという心の余裕があるからです。今後、好みの女性との交際を希望するのであれば、この視点をまず持つようにしましょう。

まとめ

女性との交際でどこか身構えることの多い男性ですが、女性を女性と認識しすぎていることも大きな要因かもしれません。

恋愛中の女性

男性はナイーブな人も多いしね。

結局のところ、女性との関係はロマンチックが前提であっても、人間として理解し合えなければほとんど成立することはなく、一時的には問題がなくとも、長く続けることはとても難しいのです。

やはり、女性と本音を分かち合える関係を目指すのであれば、性別を問わない接し方も必要となり、時として、女性のほうがそれを望んでいる場合もあるでしょう。

彼女募集中の男性

女性って思いすぎるのも良くないんだね。

これは、心に余裕のある男性だからできることで、すべての男性はまずはこの精神状態を志向して行かなければなりません。

目次